ツーショットダイヤルの人妻はヤレる

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ツーショットダイヤルやテレクラにいる女性の中でも一番簡単にヤレるのが『人妻』だ。コレにつきる。人妻というは年齢も幅広く、結婚したての若妻から熟女まで様々だ。既に人の物であるということはマイナス面であると同時に背徳感による興奮を感じられやすい。寝取ったからと言っても浮気や不倫では一切ないと私自身は確信している。人妻が旦那と別れると言えば問題だが、そうでない限りは体だけの関係が続く。旦那には悪いとは思うが、旦那がちゃんと奥様と向きあって夜の生活を満足させていないのが悪い。欲求不満にさせるから女性は他に快楽を求めていくのではないだろうか。本題に戻すと、『毎日ルーチンワークさせられている人妻は刺激が欲しいと思っている』ということだ。ずっと家に居たら人間はダメになってきますからね。それを回避するためには何らかの刺激が必要になってくる。お金が欲しくて割り切り目的でかけてくる女性も多い。お金目当てなのでセックスは基本になってくる。

人妻はヤレる

近頃では、ツーショットダイヤルなどにコールしてくる既婚女性の割合は半数近く占めています。平日暇を弄んで、毎日ぬるま湯に浸ってるような生活ばかり送っていると、心には潤いを、体には刺激を求めたくもなります。既婚の身でテレクラに電話するというような行動は危なっかしくもみえますが、彼女たちにとってはそのスリルがまた刺激になります。そのような刺激や非日常的な快楽を求め、利用する人妻があとを絶ちません。関係を深入りさせたくないため、人妻女性は切り替えが早く、一回会えば、次は他の男性を探すとスパンが短いので、先手必勝でアプローチをかければ、軽そうに見えるギャルよりも簡単に会ってくれます。ツーショット人妻と連絡をとりあう際に気をつけておくべきことは、働いてる女性は別として、専業主婦の女性は昼間は暇しているが、夕方から夜にかけてが一日の中でも最も忙しく、家族といることも多いので、この時間帯にメールを送ることは避けましょう。次に、エロ電話サイトに登録している人妻の目的は9割がた「エッチなことがしたい」ではあるが、性欲旺盛でも、レディはレディ、あまり初っ端からガツガツ下心丸出しはしすぎずに、女性として丁重に扱うことも大事。とくに、遊びたいけど、家庭も大事にしたい…となかなか直接会うことを躊躇するような女性もいるので、焦らずペースを合わせてあげることも大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -